弱チャリ放浪記。 Feed

2013年9月22日 (日)

大きな神社をいろいろ巡ってみた。

昨日は久々の俺blog更新でしたな。
夏の間じゅうずっと沈黙していたそたまさんですが、ずっと何をしていたかというと。
猛暑続きだったので、平日はクーラーの効いたオフィスで社畜生活、休日はクーラーの効いたゲーセンでクイズ畜生活。
そりゃあ婚期も遅れるよね。(自縄自縛)

それだけでは寂しいので、夏休みを一週間とって、神社巡りしておりました。
風の向くまま、気の向くまま。

まずは熱田神宮で、超巨大な太刀や呪われた剣など宝物殿の刀剣やきしめんを堪能。

201308

からの、伊勢神宮へ自転車で自走。

炎天下、1.5リットルの水タンクで脱水症状と戦いながら。
愛知県内から三重県境までは行く手をふさぐ草をかき分け。
四日市では小石にタイヤを何度も滑らせ。
鈴鹿では日没サスペンデッドを宣告され。
津市内では2ブロックごとの信号待ちにいらだち。
松阪以西は自動車道の側道のアップダウンに体力を奪われ。
「全日本学生駅伝てこんな過酷なんか」と何度も感嘆しつつ。

しかしどうにか、外宮へ到着。

201308_2

外宮門前の赤福氷が実に甘露でありました。

201308_4

そして内宮へ。

201308_3

式年遷宮の年であり、白木の鳥居や社殿が美しゅうございました。

ちなみに約100kmの行程でしたが、一泊二日かかってしまいました。歳は取りたくないもので。まあ、雨が降らなかったのは幸いでした。
なお、今回のチャリはこちら。

201308brompton

で勢い余って、自走ではありませんがこちらの神社へも足を伸ばしてみました。

201308_5

201308_6

厳島神社はちょうど干潮で、鳥居のあたりまで歩いて近づけました。
併せて、Rのつかない月ながらフライング牡蠣ゲット。小振りではありましたがおいしゅうございました。

そして帰途ついでに、センモニバーン。(神社関係なし)

201308_7

道中お会いしたミナサマ、ありがとうございました。

ちなみに、旅先でのドラマティックなアバンチュールなんてものはありませんでした。
そりゃあ婚期も遅れるよね。(自縄自縛)

2013年5月12日 (日)

今年の琵琶湖は写真が多め。

 

今年の黄金週間も、行ってきました琵琶湖一周自転車の旅
実際は「旅」というよりは「団体旅行」みたいなものでありますが。

 

ひとりで行くなら、周りの景色に目もくれず目を三角にしてひたすらペダル漕いで一日で回ってしまうところ。しかし今回は団体旅行、しかもシニア層中心の団体様(一部お孫さまつき)なので、二日かけてそれはもうゆったりしたペースで回るのでございます。
が、今年はハイペースでした。
天気も両日とも申し分なし。例年よりもかなり気温は低かったのですが、自転車乗りには少々寒いくらいが快適なのです。
参加者はほとんどが琵琶湖一周経験者で、琵琶湖の機微はよく御存じの方々ばかり。

 

というわけで、例年になく時間に余裕をもって一周できました。
というわけで、いつもは写真を撮らないそたまさんが、例年よりも多く写真を撮りました。

 

せっかくなので、大した写真もありませんが、見れ。

 

Ppc_2b2b62ac1ce_010b
です。
長浜城です。羽柴秀吉の居城でした。
ちなみに、手前はお堀ではありません。お堀から突然水が噴き出したりするしかけとか戦国時代にはなかったと思います。

 

Ppc_2b2b66234c3_007c
看板です。
琵琶湖は水鳥の生息地としても重要で、ラムサール条約にも登録されています。
ちなみに、この地域は長浜市に編入されるまで「湖北町」でした。看板の下のコメント、お察しください・・・

 

Ppc_2b2b6cba891_008e
奥びわこです。
正面に見える島が竹生島です。弁財天がまつられています。
ちなみに、「ちくぶしま」と打とうとして「ちくび」と打ってちょっとアレでした。弁天さまのちくび (///)

 

Ppc_2b2b6f28ff7_00c9
スワローズです。
スズメ目ツバメ科の鳥です。夏鳥として日本に飛来します。
西浅井の道の駅に営巣しまくってました。ちなみに、道の駅では燕の巣の代わりにイノシシコロッケを売っています。今年は食べませんでしたが。

 

Ppc_2b2b761bcdd_00541
湖の部特選です。
マキノサニービーチは内陸県で唯一、環境省の「快水浴場百選」に選定されています。
「海」ではなく「快」です。コレ考えついた環境省の人が勝ち誇ったように両腕を高々と掲げているさまが目に浮かぶようです。

 

Ppc_2b2bb8d3458_00cc
鳥居です。
安曇川の白鬚神社にあります。琵琶湖の中に立っています。
水の上に立つ鳥居というのはやはり珍しいもので、キャバ嬢ふうの若いおねえちゃんも写真バシバシ撮ってました。

 

メーメーズです。
いずれも偶蹄目ウシ科の哺乳類で、家畜として古くから飼育されていました。
好奇心旺盛なヤギさんと、泰然自若なヒツジさん。アルプスのふもとではなく、大津市の畑です。

 

Ppc_2b2bc38c11b_00eb1
です。
琵琶湖大橋です。琵琶湖に架かるものでは最長の橋で、守山市と大津市堅田を結びます。
ちなみに、5/12(日)はスーパーヒーロー堅田でクイズマジックアカデミーの大会を開催します。ドゾヨロシク。

 

 

Ppc_2b2bcf692c9_008f1
大水車です。
東近江市能登川のシンボル的存在です。能登川には至る所に水車が回っています。
近江八幡からここへ至る「びわ湖よし笛ロード」は、見所満載のサイクリングコースです。マジで。シラサギとかいるし。

 

Ppc_2b2bd3073ea_008e1
井伊直孝公です。
かつての彦根藩主で、「井伊の赤備え」と呼ばれる甲冑を身にまとい大坂夏の陣などで大活躍したそうです。
その武勇が現在でも日本全国にとどろいていることは、土産物店のグッズ人気でも推し量れますねッ。

 

と、今年はこんな感じでした。
総括すると。
「夜の近江牛すき焼きとビールがものすごくうまかった」
体重計に乗ったら、行く前より増えてました。なぜか。

2009年3月20日 (金)

6号新加入。

黄砂とかスギ花粉とかいろいろ舞いまくっておりまスが、もう春分の日ですよ。
だからというわけでもないのだが、久々に自転車を買ってみた。

おおぅ、ほぼ 10ヶ月ぶりの自転車ネタだなあ。

いま現役で稼働している俺自転車は 2台。
通勤用&気楽に乗る用の 3号が三角形の折りたたみ自転車、がっつり乗る用の 4号が本格的なロードバイク。
ただ、通勤用の 3号がだいぶ「痛勤」になってきた。
俺宅は山のほうにある。駅までの往路はひたすら下り坂なので全然問題ない。が、復路はひたすら登り坂。3号のベルトドライブが急坂の負荷に耐えられないようで、漕いでも漕いでもまったく登らなくなってしもた。
かといって 4号を通勤用にするのもためらいが。4号はタイヤが細いので、雨に降られたらめちゃめちゃ滑る。朝は天気でも夜から降りそう、とかいう日にはちと遠慮したくなる。
というわけで、気軽に乗れるけれど登り坂はちゃんと登れる自転車が欲しくなった次第。

で、6号さんが俺ガレージに新加入。
DAHON の折りたたみ自転車で、後ろに 7速の変速機がついている。クロモリフレームで車重は少々重めだが、登り坂でもきびきび走る。4号みたく「風になる」ような走り、というところまではいかないが、「力強い」というか「頼もしい」というか、急坂の連続でもへこたれない安心感がある。
これで帰り道のストレスは相当軽減でスよ。

ちなみに、なぜ新加入が「5号」でないかというと。
5号は、マジアカ4のカードネームの由来になった超小径車。一昨年に琵琶湖一周を敢行して以来調子が悪く、何度かオーバーホールを繰り返したものの回復しなかったので、ただいま隠居中。
乗れなくなっても愛着があるので、捨てるに捨てられんのだなあ。

2008年5月12日 (月)

雨と晴れと琵琶湖と。

今日はひとまず雨も降らなさそうだったので、先週たいへんにがんばって泥だらけなった 4号(ロードバイク)を洗車。
数日間放っておいたせいでフレームにこびりついた泥を洗剤の希釈液で洗い流し、チェーンの汚れも適当に取ってルブリカントをまんべんなく差す。
それなりにきれいになった 4号を見て、ようやく琵琶湖一周の残務もカタがついたな、という気分になったが。
そういや俺 blog で報告、という残務を忘れていましたよっと。

というわけで、GW の貴重な 3日間を費やした琵琶湖一周サイクリング大会
スタッフとして働いた俺的記録を、いやがおうにも読むがよろし。

1日めは、彦根・新海浜の宿で開会式その他諸々。
その前にスタッフは、自転車マナーの啓発活動のため、能登川駅前で反射板配り。
それ以外はとりわけ大きな仕事もなく、飯食って菓子食って寝る。

2日め、彦根・新海浜の宿から北回りで新旭・風車村近くの宿まで、約 80km を往く。
我々遊撃部隊(仮称)は本隊に先んじて出発。交差点や車の進入しそうなところに立って、交通整理や道案内をする。
で、本隊が無事通過したら、再び遊撃部隊に合流して次の交通整理場所に向かう。
サテ問題は。
本隊の最後尾からその先を行く遊撃部隊に追いつくため、必死こいて飛ばさないかん、ということ。もちろん本隊が連なって通る自歩道は避け、路側帯や反対車線を突っ走ることに。
でもまあ交通整理についたら、本隊が到着するのを待っている間ずっと休憩みたいなものなので、思ったほどは疲れず。
それよりも、雨のほうがずっと心配だったわけでスが。
当日朝の降水確率は 60%〜70%

昼飯どきまでどうにかもちこたえていた雨、しかし奥琵琶湖の山越えあたりでついにぱらぱらと到来。
慌てて合羽を着こむ。
と、しばらくして、止む。
そのまま着続けていると暑いので、合羽を脱ぐ。
と、しばらくしてまたぱらぱらと降り始める。
でまた慌てて合羽を着るとしばらくして(以下略)。
雨の神様におちょくられとるんやなかろうか、と訝りつつ。
まーなんやかんやでどうにか全員無事に宿へ到着。
ところが直後、バケツをひっくり返したような雨になる。あと少し到着が遅れていたら土砂降りの中を走らされるハメになっていた。
雨の神様は、俺らが着くまで降らすのをがまんしてくださっていたらしい。ご配慮に感謝。

3日め、新旭・風車村近くの宿から彦根・新海浜の出発点まで、琵琶湖大橋経由で約 70km を帰る。
遊撃部隊の仕事は変わらず。交通整理して、路側帯や反対車線を暴走、の繰り返し。
しかし、当日朝の降水確率は 0%。前の日とは打って変わって快晴
数年前の琵琶湖一周で腕を焼きすぎてシミになった苦い思いを繰り返さないよう、長袖シャツを着て出陣。
ところが。
腕は防いでいたが、顔を防いでいなかった
しかも快晴ということで、サングラスをかけて一日じゅう走っていたので。
逆パンダ顔完成。
日焼け止めを持っていってたのに、何で塗り忘れるかなあ。

ともあれ琵琶湖一周サイクリング、小学生からおじいさんまで全員無事に完走。
俺もスタッフの役目をちゃんと果たした・・・ような果たしていないような。ただ普通に走りまくってただけの気が。
ま、何だかんだで楽しかったのでヨシ。

でも来年は極力一般参加で(以下フェードアウト)bicycle

2008年5月 4日 (日)

今年はきりきり。

世間はGWの後半戦に突入。
皆様オンやらオフやらあちらこちらで渋滞や混雑や長蛇の列や子供のわがままや親の嫌みや一問多答などイロイロナモノと戦っておられることと存じます。
というわけで。
俺も戦いに出陣。
相手は、日本一の湖。

恒例の琵琶湖一周サイクリングに、6日まで参加。
イベントじたいはそれほどがんばるものではなく、街行くママチャリくらいの速度でのそのそ琵琶湖を回りましょう、てな雰囲気。
しかし、去年まで一般参加だった俺のほうが、今年からスタッフへクラスチェンジ。モノスゴクきりきり走らされる予定なのだとか。

最近自転車で遠乗りしてないので、体力もつかが心配。
だが、参加の皆様が琵琶湖を楽しんでもらえるよう、きりきりがんばってきたい所存。

2008年3月 5日 (水)

南湖一周 Side-A。

日曜日は、野暮用で膳所まで。
4号(遠乗り用ロード)を転がし、午前中でちょちょいと終わらせる。
あとは家に帰るだけ、となったのだが。
それでは面白くないので、久々に南湖一周してみる。

県道浜大津線を避け、長等から皇子山運動公園経由で国道 161号線へ。
道中えれーたくさんの警備員や NHK の旗を持ってるひとに出くわしたが。
よく考えたらびわ湖毎日マラソンのスタート直前だったわけで。
歩道が観客で込まないうちに湖西線のほうへ抜ける。

春は名のみの、とは言いつつも 1時間も走っていれば汗ばんでくる。
堅田あたりで腹ごしらえをして小休止。
琵琶湖大橋を渡り、そのまま取付道路を南下。
守山市民しか読めねえだろなあ、と思いつつ八代交差点を西へ。

その日の予報は、夕方すぎから雨。
当たってくれるなと祈りつつ、県道 2号線から自転車ならではの抜け道を使って草津駅東口へ。
ただ雲の動きを見るかぎりは、夜まで持ちそうだったので。
国道 1号線を、各所で道草を食いながらだらだら帰る。

帰着は、22時過ぎ。
北湖も回ってこれそうなくらいの時間がかかったが。
まあ、のんびり湖南巡りも悪くない、というところで。

2007年6月20日 (水)

5号オーバーホール。

琵琶湖一周に乗っていって以来、「通勤用超小径車」5号の調子がすこぶる悪かった。

長旅でくたびれたせいか、漕ぐごとに後輪のベアリングがこすれるような音が出る。ただでさえ漕がないと走らないコなのに、必死に漕いでも従来以上に走らない
とりあえず通勤には 3号(strida)を使い、それはそれで支障はなかったのだが。
1ヶ月以上放ったらかしでさすがに気まずく、購入した自転車店へオーバーホールに出す。

といっても実際はそれほどたいそうなことでもなく。
ベアリングのグリスアップだけで後輪の不快感は解消。格段に機嫌よく走るようになる。
それでもってお代は、タダ
感謝の言葉もゴザイマセヌよ ( -人-)

というわけで、むかしの乗り味が甦った「通勤用超小径車」5号だが。
朝急いでいるときには 3号のほうが速度が出てよい、ということにイマサラながら気づき、5号から「通勤用」の肩書きを外すことに決定。
これから 5号は「休日お散歩用超小径車」として俺をのんびりサポートすることに。
あんまりこき使わないよう、労りながら乗らにゃならんですな。

2007年5月11日 (金)

黄金週間の県内旅行。[2]

琵琶湖一周の膝の痛みも、4日も経てば取れてくる。
あの汗まみれ泥まみれの行軍も、いい思い出へと緩やかに変容しつつあるが。

というわけで、「琵琶湖一周サイクリング大会」の続き。

3日め、高島市マキノの宿舎で起床。
そして天気予報どおり、朝から雨
しかし当初の趣旨どおり、雨天でも自転車で一周を果たさねばならない。
T シャツ・レーサーパンツのうえに合羽という出で立ちで、雨の中を粛々と進む。
あるときは水たまりに思いきり突っこみ。
あるときは自動車に水をひっかけられ。
水も滴るイイ男女が大量発生。

やがて 5号(通勤用超小径車)にも長旅の疲れが見え始める。
志賀駅の手前で突如大きな音をたてて、チェーンが外れる。
そのときはスタッフに助けていただき、すぐにチェーンをはめ直して列に追いつくことができたのだが。
ゆるゆるに伸びたチェーンは、いったん外れ癖がつくと手に負えなくなる。
琵琶湖大橋を渡って、守山の湖周道路で一回。
近江八幡を抜けて、大中の湖干拓地に入ってから一回。
大中の途中でもう一回。
出口でさらにもう一回。
ゴールの能登川に近づくにつれ、チェーンの外れる頻度が多くなってくる。
そのつどチェーンをはめ直すのだが、回を重ねるごとにうまく早くはめられるようになってくるもので。
うれしいやらむなしいやら。

それでもスタッフやチームメイトの励ましをいただきながら、ゆるゆるチェーンをなだめすかして琵琶湖一周(北湖 150km)どうにか完走
そしてそのまま大浴場へ直行。雨・汗・泥にチェーン油の四重苦をすべてさっぱり洗い流し、モウ天にも昇る気分でスたよ。

ただ。
ゴールから最寄り駅まで自転車で帰る途中でまた雨に降られ、スッカリ濡れ鼠。
ヒドイといえばヒドイ旅行でスたが。

最後に。
参加者のミナサマ、スタッフのミナサマ、ありがとうございました。
そしてやっぱり来年も行くつもりですので、よろしく。

2007年5月 8日 (火)

黄金週間の県内旅行。[1]

黄金週間は、旅に行ってきまスた。
国内旅行でス。
それどころか、県内旅行でス。

滋賀県バイコロジーをすすめる会主催の「第 21回琵琶湖一周サイクリング大会」
小学生から 94歳のお爺さんまで参加者 62名が 2泊 3日、自転車に乗って実質 2日がかりで琵琶湖をぐるっと回る県内旅行。

で、俺自転車はコレ。

Mrk83esa

購入してから優に 1年経つのに実は俺 blog 登場は初めてなんじゃないかと思われる、通勤用の折りたたみ自転車、通称 5号
ちなみにタイヤは 8インチ。超小径車で長距離に挑戦。ある意味暴挙。

1日めは出発地点の能登川に集合。
ありがたいお話を拝聴し、風呂入って酒飲んで寝る。

2日めは朝から能登川を出発、北上して奥琵琶湖へ。
好天のもと、ゆったりとしたペースで進む。
俺自転車も、こぐ回数はひとより少し多いけれど、どうにかついていく。
8インチタイヤはさすがにひと目を引く。ひと並以上に汗をかいてペダルをこぎまくる姿も、爆笑いただいたり賞賛いただいたり。
しまいには、俺自転車を貸してくれとおっしゃるひとまで現れ。
代わりに本格的なロードバイクに乗せてもらう。わらしべ長者な気分。
ただ。
ビンディングペダルだったので、スニーカーでこぎ続けるのはややタイヘンだったのだけどが。

しかし 3日め。
西から近づくヤツらのおかげで、琵琶湖一周はタイヘンナコトになったのでゴザイマス。
続きは次回の講釈にて。

2006年10月30日 (月)

みはまちょへ。

昨日から「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」が封切られた。
そして今日は心斎橋・ニューヒカリにて賢聖杯開催。
しかもマジアカ全国大会最終日。
というわけで。

Mvgrxfkn

福井県美浜町の三方五湖へサイクリングに行ってきまスた。
ウワ全然関係ネエシ。

三方五湖がラムサール条約に登録されたのと、大阪から敦賀まで新快速が走るようになったことを祝おう、ってーことで福井県が三方五湖を一周するイベントを開催したワケで。
俺も 3号(strida)で乗りこんだのだが。
参加人数、380人余。めためた多いッつーねん。
それらが、ある程度の先導があるとはいえ、てんでばらばらのペースで走るモノだから。
もうしっちゃかめっちゃか。

Xlmyso9h

でもまあ。
出発前に危惧していた雨も降らず、のんびりサイクリングを満喫したでスよ。
途中で即売所に寄ってつまんだ梅干しがことのほかうまかったりとか。
ふるまわれた梅うどんがことのほかうまかったりとか。
タイヤに空気を満タン入れた 3号も、最後までタイヘン機嫌よく走ってくれまスた。
苦手な登り坂はギアを鳴らして不平を垂れていたけどが。

琵琶湖以外の湖を巡るのも、また雰囲気が違ってよいモノですな。

ただ。
帰りがめためたタイヘンだったのでスよ。
小浜線は 1時間待ち、敦賀にやっとこ着いて北陸線に乗ろうとしたら近江塩津でポイント故障して電車が止まっているときた。
ああマア確かに、敦賀で寄り道してマジアカ 3クレしてましたがネ。